歳時記を愉しむくらし


まだ太陰暦であった江戸の頃は、四季折々の地域風土がくらしに息づいていました。
江戸前21では、日本独自の風土文化を後世に伝承する活動を応援し、五節句をはじめとする様々な生活歳時記について掘り下げ、伝承してゆきます。


暮らしいろはHP

http://www.kurashi-iroha.com/


1月:人日の節句・平成忠臣蔵
 2月:地口行灯で初午を愉しむ
 3月:上巳の節句*願いの背守り
 4月:花見*十三詣り
 5月:端午の節句*八十八夜
 6月:愛宕神社*千日詣り
 7月:夏詣*七夕&伊勢お糸船
 8月:八朔*田の実の節句
 9月:重陽の節句*祭り*お月見
10月:竹あかり*陰翳礼賛*
11月:新嘗祭*七五三*紅葉狩り
12月:冬至*竹細工で歳神様の門松作り


平成29年12月23日開催*竹細工で歳神様の門松作り


日時:平成29年12月23日(土) 13:00〜16:30
*時間内にお越しください。     受付時間は16:00となります。

会場:新橋ばるーん  304号学習室

 JR:新橋駅下車 烏森口徒歩3分 地下鉄 浅草線・銀座線・ゆりかもめ:新橋駅下車 JR乗り換え口 徒歩4分 地下鉄 三田線:内幸町駅下車 A1出口徒歩10分
参加費:1個1500円 一対(2個)2,800円 定員20名様 
*材料がなくなり次第終了

 

歳神さまをお迎えする目印となる依り代*門松やお正月飾りは、そもそも各家ごとの想いを込めた手作りでした。その依り代を目印に、ご先祖さまもお家に帰ることができるのです。
江戸前21では千葉の里山保全活動を進める団体と連携して、青竹を使ったお正月飾りを江戸切り絵とともにご紹介します。みなさん、今年からは自分だけの手づくりお飾りを竹細工で作りませんか?

 

詳細はコチラへ お申し込みはコチラへ



江戸前21*2015 秋・冬編


ダウンロード
江戸前21*2015 秋・冬編
生活歳時記に沿ってご紹介する江戸前21の季刊誌2015*秋・冬編では、「竹細工でクリスマスとお正月飾り」のワークショップや、毎年恒例の「平成忠臣蔵」、今年より開催された「地口行灯で楽しむ初午祭」のご案内を含む、日本歳時記をご紹介。
edomae21A3.pdf
PDFファイル 8.6 MB

江戸前21*2015 春・夏編


ダウンロード
江戸前21*2015 春・夏編
浅草神社*夏詣での参加プログラムに加えて、「陰翳礼讃*竹あかり江戸三景」のご紹介
江戸前21既刊誌2015春・夏編.pdf
PDFファイル 91.3 MB
ダウンロード
今年よりスタート!「陰翳礼讃*竹あかり江戸三景」
四季のある日本ならでは灯りにまつわる感性を伝える谷崎潤一郎「陰翳礼讃」いんえいらいさんを、浅草神社さま神楽殿にて体感するプログラムなどをご紹介。
江戸前21季刊誌2015春・夏編裏.pdf
PDFファイル 87.9 MB